1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫30代主婦の疲れ目体験談&リアルな疲れ目対策!

30代主婦の疲れ目体験談&リアルな疲れ目対策!

目の疲れが溜まると、眼球が重たいような、ずーんと重たい感じがします。また、ソフトコンタクトレンズを装着しているので、眼の乾きも強く感じます。

目が悪いこともあり、集中して目を使った時は頭が痛くなったり首に凝りを感じる時もあります。

目が重たい時は、眼球の周りにある筋肉をほぐすように、上下左右にゆっくり動かしています。

目を開けたままだとちょっと怖いかと思い、何となく目を閉じて行っています。目を閉じて、ゆっくり眼球を上に動かして5秒ほどキープし、中央に戻してまた5秒ほど休みます。

同じように右に動かして5秒、中央に戻って5秒、下に動かして5秒、中央に戻って5秒、左に動かして5秒、中央に戻って5秒という運動を行います。眼球の周りの筋肉がほぐれ、目元が軽く感じます。

また、目の周りを指の腹でゆっくり指圧もしています。両眉の付け根が眼窩のふちなので、そこを親指と中指でゆっくり押します。少しずつ指を広げ、眼窩のふちにそって優しく押していきます。眼球を押さないよう注意しています。特に疲労を感じる時は、指の腹でくるくるとほぐすのも効果を感じます。

疲れる前に対策をすることも重要だと思っています。スマートフォンを長く見つめてしまうこともありますが、画面の明るさをできる限り暗くし、ブルーライトカットフィルターを施しています。

眼の乾きに関しては、目薬も持っていますが、意識してあくびをするようにして涙を出すようにしています。

また、あまり乾きが強い時にはソフトコンタクトレンズを一度はずすこともあります。しかし視力が悪いので、眼鏡をかけるとさらに疲れてしまうこともあるので、そのような時は無理せずに早めに休んだりもしています。

頭が痛くなったり首に凝りを感じる時は、自分でマッサージをしたりマッサージに行ってほぐしてもらったりしています。前述の眼の周りのマッサージや、こめかみを指の腹でマッサージしたり、首の後ろを優しく押したりします。顔用の美顔ローラーで、頭や首の後ろをマッサージするのも、ほぐれて気持ちいいです。

お店に行けるときは、眼周りと首の集中マッサージを受けています。お店だと途中で中断することがなくマッサージを受けられるので、よりリラックスして疲れを取ることができると思います。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事にはコメントできません。