1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫20代女子大学生の疲れ目体験談&リアルな疲れ目対策!

20代女子大学生の疲れ目体験談&リアルな疲れ目対策!

スマホなどを使ってネット検索をすることが多いのですが、毎日トータルで2時間近くスマホを見ており常に目を酷使している状態です。

特に連続してスマホを見ていると目の奥が重くガーンとしてきて目がしょぼしょぼします。

視力が一時的に悪くなり周りの景色がぼやけて見えることがあります。

その状態でもさらにスマホを使い続けていると目の奥の痛みが肩に降りてきます。肩から肩甲骨の方へ痛みが移っていき腰まで痛くなります。最終的に背中が全面痛くなりその状態になると頭痛が酷くなります。

たまに使い過ぎでこのような状態になるのでそういう時は家から見える窓の外の景色を見ます。

家が高い位置にあるので遠くの景色も見やすく、緑も見えるので緑を中心的に見て目を休めたりします。

10分ほど緑を見てるとだいぶ目の痛みも良くなってきます。しかし、それでもまだ目が痛い時があるのでその時は冷やした保冷剤を目の上に乗っけて目を冷ますようにします。そうするとだいぶ目がすっきりするのでおすすめです。

目がスッキリしたところで、背中全面の痛みや頭痛を改善します。

まず、背中の痛みは簡単なストレッチで取ります。仰向けに寝て片方の膝を曲げてそのまま体を捻るようにします。これを左右合わせて10回、5秒ずつやります。そうすると体の筋が伸ばされ背中の痛みが緩和されます。

肩甲骨辺りの痛みは肩甲骨のストレッチをして解消します。

立った状態で両手をまっすぐ上に上げます。そこから両肩の肩甲骨同士を近づけるように手を下ろしていきます。

少し力を入れてやることで肩甲骨をより動かすことができ、目の疲労からの肩の痛みを解消することができます。

頭痛は首のストレッチを行います。首を痛めない程度に左右に伸ばして、首の後ろも伸ばします。そうすることで首の筋が伸び頭痛が解消されます。

これらストレッチを行うことでだいぶ痛みは和らぎますが、それでもだめならマッサージをするといいと思います。

家に他の人がいる場合はその人に頼んだり、自分でもできるマッサージは自分でやります。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事にはコメントできません。